QuestNotes開発日記

MMOTRPG「QuestNotes(クエストノーツ)」を開発しています。不具合や要望があればぜひご一報ください。 

クエストログのサーバー保存とウェブ公開など

ハッピーハロウィン!
(が、特にイベントみたいなものはなく)10月の更新についてです。。

クエストログのサーバー保存と公開

クエスト履歴のログは各々のローカルに一旦保存され古いもの順次削除しているのですが、サーバーに保存できるようにしました(とりいそぎ最大50個)。
また、合わせてログをウェブ公開できるようにしました。

自身の思い出や冒険の軌跡として残しておくのはもちろん、マスターにとっては自身の創作物で楽しんでいるのを見るのがなによりのモチベーションになるかと思います。

また、プレイヤー間同士でもフレンドの自分がいない間での出来事を知りたいこともあるかと思います。
それから、ゲーム内にはたくさんの魅力的なキャラクター(やプレイヤー)がいるかと思うのですが、直接交流するのは若干ハードルが高い(相手も楽しめるか心配だったり、恐れ多かったり..)と感じぐることもあると思っており、そのキャラクターたちの活躍を眺めているだけでも十分に楽しさを受け取れると思うので、ぜひログを公開/共有してみてもらえれば幸いです。

サーバーへの保存は、履歴のボタンの右端からメニューを表示できます。
(ローカルにファイル保存する項目は「エクスポート」に変更しました。)
f:id:questnotes:20201031214814p:plain

保存ウィンドウ

f:id:questnotes:20201031214414p:plain

ウェブサイト上での公開ログ

ログへの導線

f:id:questnotes:20201031220853p:plain
公開されたログやキャラクター詳細ウェブページやクエスト情報ウェブページに記載されます。

ログ表示


ログは即座に表示せず一旦確認を挟んでいます。
意図せずログを読んでしまうネタバレの防止という点もあるのと、ログがそれなりに転送量がありそうなので即座に読みまずにワンクッションおいています。

開発面での雑感
今回このログビューワーの開発において今回はじめてBlazor WebAssemblyを取り入れてみました!だいぶ作業のさわり心地がよかっただったので、これらを使って公式サイトももう少し機能追加していければなと思っています。

表現についてのガイドラインを掲載

ロールプレイやクエストなどの創作を共有できるのは楽しいものですが、一方で創作の内容によってはお互いが楽しめない場合もあります。
そのため、意図しないすれ違いが少しでも減らせればと、QuestNotesにおける表現のガイドラインを掲載しました。
https://www.questnotes.net/Content/creation.aspx

「表現」というものはとても繊細なものなので明確な線引きができないで恐縮なのですが、どういう点を考慮されるか/配慮してほしいかを記載したのでぜひ一度目を通してもらえれば助かります。。。

セージスキルの調整

先日実装したクラス「セージ」のフィードバックありがとうございます。
先月からいくつか修正(や不具合修正)がありましたので共有になります。

  • ver 11.8.2 「ショック」のダメージ成長を追加、「セカンドキャスト」のトリガーの並び替え
  • ver 11.9.0(今回) 「バリア」「デファイアンス」にSpeed+1を追加

(インスパイアの効果をダイス追加に変更したかったのですが、現在のアクション修正エフェクトの仕様では表現できなかったのでそちらは一旦延期しました。。。)

planned
新しい提案
  • 投票数:19
  • コメント数 1

セージ一部スキルの調整案

新クラスを触ってみましたが、使い勝手やコストの面からいくつか調整をしていただきたいと思いました。

バリア・デファイアンス
現状では使用したラウンドしか効果が持たず、かつspd+などの補正もない為、敵の攻撃(AI)を高精度で先読みしなくては有効活用するのは厳しくなっております。
先読みとはいってもクエストによってAIは千差万別ですし、ランダム行動、確率行動なども含まれていることが多いため現実的ではないと思われます。
先手を取ることに関しては敏捷に振ればある程度の対応が出来るとされるかもしれませんが、ほぼ確実に先手を取る+6まで振るコストは重く、かつそうまでしてもspd+の補正に...

questnotes.uservoice.com

今後も(セージに限らず)調整できればと思いますので引き続きフィードバックよろしくお願いいたします。

新クラス「セージ」とボード周りの表示調整について

新クラス「セージ」の追加

賢者や学者といった知恵と博識さに長けたクラス「セージ」を実装しました。
後衛魔法職であるセージは、ダメージを緩衝してくれる「シールド」を付与することができるスキルをはじめ、多彩で柔軟な魔法や支援スキルで様々な状況で活躍させてもらえればとは思っています。
「セージ」スキル一覧
https://www.questnotes.net/Reference/Skill/Sage
f:id:questnotes:20200930022335p:plain
(冒険者の宿のコルトの「名誉点の利用」で交換できる「セージの証」を使用することでクラス「セージ」を取得できます。クラスの取得には現在クラスが「なし」になっている必要があります。)

・・・余裕があればセージに似合いそうな「本」という武器種別を新たに追加しようかと思っていたのですが、間に合わなかったのでまた別に機会に検討できればと思います。

ボードの表示調整

f:id:questnotes:20200930022442p:plain
ここ数カ月ちょこちょこ修正していたのが一旦一区切りとしましたので以下共有です(タッチ版への反映がまだですが。。。)

今回の表示調整の目的は以下になります。

1.詳細カードを見なくても情報を把握できるようにする

QuestNotesの戦闘は各種数値がとても重要ですが確認するのがひと手間かかってしまうのを改善できればと思っていました。そこで、キャラクタータグにAPの表示、ボード上のキャラクタータグのマウスエンター時にステータスの概要を表示するようにしました。

2.見栄えの改善

上記の変更の結果、文字情報だけ増えてしまうととっつきずらさや見づらさもでてきてしまうので、そこを軽減できるようにもしたいと思っていました。

  • そのために、ステータスをグラフ表示できるようにしました。
    • いきなりタグにグラフだけ表示するようにしても何を表しているかが伝わりづらいので、まず前もってキャラクターウインドウに同様のグラフを表示するようにしておきました。

また、ボード上での表示で気になっていた部分を修正しました。

  • キャラクターが重なった時の名前表示が読めない
  • オブジェクトの画像がチップと角度ずれているのが気になる
  • オブジェクトが破壊されたときにそこが通行可能と伝わりにくい

このあたりの解決を目指して表示の調整してみました。

・・・ほかにもデザインや表示周りでは試してみたい施策もあったのですが、今の自分ではできるのがここまでとなりました。。。

QuestNotesではUI/UXやデザインに興味があり手伝っていただける方を募集しています!
もし気になる方がいればお気軽にDM等でご一報ください。
以上、今後ともQuestNotesをよろしくお願いいたします。。

エフェクト表現の拡張とシールド表示

新規クラス「セージ」のスキル表現に向けていくつか既存のエフェクトを拡張しました。
f:id:questnotes:20200831015158p:plain

[変数参照表記の先頭に「-」をつけていたらマイナス数値として扱うようにする]

変数を参照する際にマイナス表現をできるようにしました。

例えば、現在のHPが10の時に
\effect[ActionOwner].CurrentHP
とすると値が「10」
-\effect[ActionOwner].CurrentHP
と表記すると「-10」になります。

ちなみにこちら類似の提案にもありました。。。提案ありがとうございます&対応が遅れて申し訳ありません。。

新しい提案
  • 投票数:2
  • コメント数 0

「カウント」でマイナスできるようにしてほしい

新たにカウントエフェクトが追加されましたが、
能力のプラスはできますがマイナスが出来ないように思います
これがマイナスできると色々と面白いことが出来ると思うので
是非マイナスできるように仕様変更をお願いしたいとおもいます

questnotes.uservoice.com
(もう少しがんばって四則演算ぐらいの記法を受け入れられるようにもしたくなってきました。。。)

[リアクション時にアクション修正エフェクトを使用できるように変更]

アクションのコストなどの変更をするリアクションを用意できるようにしました。

[パッシヴ時に直前の行動トリガーを使用できるように変更]

パッシヴスキルや装備でも、「直前の行動」トリガーを使えるようにしました。

シールドのUI表示

そういえば先日、シールドのUI表示を試しに導入してみました。
f:id:questnotes:20200831020041p:plain
HPの隣に+表記でシールド量、後ろのバーにもシールド分の長さが足されて表示されるようになっています。
(物理シールドや魔法シールドは色が違います)

シールドの効果時間や何によって得られたシールドなのかも確認できたらいいなとも思うのですが、表示領域がごちゃごちゃしすぎるのも悩ましいところです。。。
もし気になる点や提案等があればお気軽にご一報ください。
(尚、タッチ版はまだ未適用です)

さて、一通り今回表現したいエフェクトや実装は用意できた(難しかった表現は次回以降に先送りにした)ので、来月末にはクラス公開ができればと考えています。
楽しみにお待ちいただければ幸いです。
以上、今後ともよろしくお願いいたします!

エフェクト「シールド」の追加とドルイドのスキル調整

次回クラス「セージ」のスキルで表現したい「シールド」エフェクトを実装していました。
f:id:questnotes:20200801022942p:plain
効果は「HPダメージを肩代わりする状態を付与する」になります。例えば、4物理シールドを持っているときに6物理ダメージを受けると、シールドは消えてHPへのダメージとしては2になります。
(種別は物理や魔法、指定なし(両方防ぐ)を設定できます)
(有効期限は状態異常の終了条件と等しい設定ができます)

・・・(戦闘中でのラウンド終了時までのシールドならそんなに不都合はないかもですが)UI表示の実装が間に合っていないので、現状だとだれがどれほどシールドを持っているかを把握する方法がありません。。。後日キャラクタータグ上からわかるようにしようかとも思っています。(HPバーにかぶせる形を検討していますがデザインは未定です。

関連して思ったのが「毎ラウンド物理シールドを獲得させる」はDEFを少し弱くしたステータス効果として代替できるかなと思いました。各ラウンドで最初の攻撃に対してのみDEFがある状態に近い挙動になるので、「単純にDEFを上げると固くなりすぎてしまうけど耐久力を与えたい」、という表現の時には使えるかもと思っています。)

スキルの調整

いくつかクラス実装当時と比べて表現できることが増えていたので、それに合わせてスキルの調整を行いました。

ドルイド

「プレフィル」
1d -2SPを回復する。 抵抗可 SP:3 AP:4 最小レンジ:1 レンジ:4
1d -2SP(最低1)を回復する。 抵抗可 SP:3 AP:3 レンジ:3(自分以外指定のみ)

使用したのに効果がないことにならないように、また、重なっているキャラクターへも使用できるようにしました。合わせてレンジの調整ともう少し小回りができるようにAPを3に変更しました。

「アースシェイク」
距離が1以下全てにMATK +1d -2 魔法ダメージ(地)を与える。魔法ダメージを与えた場合、状態[ よろめき(wobble)1ラウンド終了時まで、MOVE -1の修正を与える。]を与える。 回避可・抵抗可 SP:4 AP:5 スピード:-1 レンジ:3(地点指定のみ) 
距離が1以下全てにMATK +2d 魔法ダメージ(地)を与える。魔法ダメージを与えた場合、状態[ よろめき(wobble)1ラウンド終了時まで、MOVE -1の修正を与える。]を与える。 抵抗可 SP:4 AP:6 スピード:-1 レンジ:3(地点指定のみ) 

こちらはドルイドスキルにて採用率が一番低いので今回合わせて調整しました。使いやすさを高めるというよりは、もう少しピーキーにしてその他のスキルとの差別化をできればと思いました。

ウォリアー

「カバーリング」
トリガーの「自分でない」を削除して、対象指定制限で「自分以外指定」に変更。

トリガーの条件が連続するとわかりにくい日本語が生成されてしまうため、対象指定での制限に変更しました。(ほぼ同じ使い勝手ですが失敗になるか効果なしになるかの違いがあります。)

上記調整のためドルイド(とウォリアー)は8/31までステータスリセットが名誉点1になります。

ウェブサイトから新通常版の導線を用意しました

f:id:questnotes:20200801023348p:plain
なんらかの要因で旧通常版が動かないという方もいらっしゃるようなので、新通常版の案内もあった方がよいだろうと思い、ストアへの遷移を追加しました。
(あわせて、もはやSilverlightのプラグインの要求や署名のないインストーラーの実行も申し訳ない感じもしていたので新通常版への導線を優先しています。。)
引き続きフィードバックお待ちしております!。。

クエストのログを表示できるようにしました

クエストウィンドウの履歴より「ログ」を選択するとそのクエスト中でのログが表示できるようにしました(通常版は、テキストでの保存もすることができます)
f:id:questnotes:20200630030948p:plain
このログにはトーク/ルームのチャットは含まれません。ログはデバイスに保存されているので遊んだデバイス以外では現状閲覧できません。また、ブラウザ版は保存先に良さそうな場所が見繕えなかったので対応していません。。)

それから、ページング(切り分け表示)対応を行っていないので、どれだけの分量のログまで表示できるのかも未知数なので不具合等があればご一報ください。。。

後々には、残しておきたいログをサーバーに保存できるようにして、共有などもしやすくできればと思っています。

ログはいわゆるTRPGリプレイのようなものなので、1つの創作物だと思っているので重要視していければと思っています。

今後の予定(仮)

以下、直近着手していこうと思っている項目です。

  • クエストログのサーバー保存/共有
  • 転送量の削減
  • ボードの見栄えと編集周りの改善
  • ドルイドスキルの調整(自分以外対象を用意できたので)
  • (そろそろセージのためのエフェクトに着手したい)

以上共有になります。。諸々手が回っていない点も多く恐縮ですが、2020年後半戦もよろしくお願いいたします!

クエストや詳細カードでユーザー名表記をするように変更、など

先日のアップデートでユーザー名を設定できるようになりました。
(コンフィグのユーザータブから設定できます)

今回そちらのユーザー名を、クエスト表示時やキャラクター(やユニークした要素)の詳細カード表示時に表示するようにしました。
f:id:questnotes:20200601024931p:plain
とりわけ、スマホ版ではゲームの開始時にユーザーIDを(手動で入力する手間や、IDが使用済み時の再入力の手間をなくすため)英数字で自動生成しているのですが、それがそのまま表示されるのは味気ないかと思っていましたので、IDとは別に名前を設定/表記できるようにしました。
(ユーザー名のデフォルトは、通常版の場合はユーザーID/タッチ版はユーザー作成時に決定したものになります)


また、詳細カードも絵師と制作者は別のことが多々あるかと思うので、どちらも記載するようにしました。

(なお、今アップデート以前のユニークアイテムにつきましてはユーザー情報が入っていませんのをご了承ください。。。)

エフェクトの値修正

エフェクトの数値に対して、下限または上限を設定できるようにしました。
(エフェクト単体での限界値なので、リアクションのなど他のエフェクトの影響で限界値を超える場合もあります)
f:id:questnotes:20200601030226p:plain

また、値修正のオプションをチェックボックスからコンボボックスでの種類選択にしました。(今後も別の値修正オプションが増えるかもしれません。)

このあたりの機能を利用して、来月辺りにスキルのバランス調整も検討しています。

開発技術まわり

先日、Microsoftの技術発表年次イベントのBuildが開催されてました。
毎年楽しみにしているのですが、今年は「.NET MAUI」が発表されたのが特に気になりました。
www.publickey1.jp

QuestNotesはSilverlightから.NETCore(WPF)に移植を始めているところだったので、、、あと1年ぐらい前に発表してくれたら良かったのに、、、と思わなくもないのですが、、将来的には新通常版はこちらに乗り換えるかもしれません。
(とりわけmacOSでも動かせるようになるのは魅力的です)


・・・さておき、こういう発表会イベントは楽しいのでいつかQuestNotesでもできたらいいなーとは思っています。

以上、今月の更新と所感でした!
(その他更新は以下を参照していただければと思います)

クエストお気に入りと履歴のメニューを追加

f:id:questnotes:20200501033447p:plain
クエストのお気に入りと履歴を表示できるメニューを追加しました。(各20件)
何回も訪れたくなるボードと出会えたり、さっき参加したクエストはなんだっけ?ということもしばしばあるかと思いますので、ぜひご利用いただければと思います。

取り急ぎはざっくりクエスト表示できるだけですが、将来的には、「お気に入り」では最後に参加以降にアップデートがあった場合に知れるようにしたり、「履歴」ではレビューやログを閲覧できるようにできればと思っています。


合わせて、クエスト検索もこのウィンドウからできるようにしようかと思ったのですが、いまいちしっくりくるUIデザインにならなかったので外してしまいました。
(クエストを探す場所の役割として「冒険者の宿」を機能させたいという意思もあったりなかったりするのですが、既に現在の挙動でクエスト表示からタグ検索等リンクができてしまっているので、ちゃんと導線を用意してしまってもいいのかなと検討中です。。。)
(元々の大昔の構想では、「冒険者の宿」で検索できるのはその地域(オープンボード)に紐づくクエストにしておいて、地域ごとに特色あるクエストを探せる「冒険者の宿」をそれぞれ用意できればとも思っていたのですが、風呂敷を広げすぎている気もするので一旦お蔵入りの仕様にしました。。)


以上、今月の更新でした。
その他の更新は以下履歴を参照してください。
・・・穏やかではない昨今ではありますが、体調に気を付けて過ごして、また来月会いましょう!