QuestNotes開発ブログ

MMOTRPG「QuestNotes(クエストノーツ)」を開発しています。不具合や要望があればぜひご一報ください。 

ロゴとフォーラム

2024年も半分終了・・・!

[更新]
公式ロゴの配布
ロゴを使えるようにしたほうがいいのかどうかは他社事例を見るに、メリットデメリットあるようですが、ひとまずQuestNotesでは配布するようにしました!
何かしらに必要な際はご利用ください!
https://www.questnotes.net/Content/Fanfiction

[更新]
フォーラム
当初はウェブにログイン機能がなかったこともありフォーラムは既製品を流用していたのですが、ウェブ側の開発も進んできたのでこのたびフォーラムを内製にしました!

とりわけ不具合情報の収集にフォーラムが助かっているんですが、汎用的なフォーラムではどうしてもかゆいところに手が届かないこともありましたのでよりQuestNotesと連携したフォーラムを今後用意できればと思います。
https://www.questnotes.net/Forums


主な目的は以下になります。
・QuestNotesに合わせた機能追加をできるようにする
・スマホ表示対応
・メンテされていない既製品を使い続けるのは諸々リスクがあるので自分でリスクを管理できるようにする

フォーラム内検索などいくつか機能が減ってしまったこともありますが、少しずつ改善していければと思うので、ぜひご活用ください!

(ついでにフォーラムをいろいろ作成できるようになったのでクエストやキャラクターごとにスレッドが用意できるようにしておいてもよいのかもとも少し思っています)

過去のフォーラムは7月いっぱいは利用できるようにはしておきます。

[予定]
転送量の削減について
データを増やしたクエストを作成したいという要望があるのですが、それに対応するためにもまず現状の課題として、サーバーの転送代が高いという問題があるので、直近これをどうにかできないかと思っています。。

新しい提案
  • 投票数:38
  • コメント数 3

クエスト内データの上限数を上げる手段が欲しい

具体的には「ボード数」「キャラクター数」「アイテム数」「スキル数」の上限数を上げる手段の追加を、強く要望致します。
パトロンの上位プランの追加やリワードチケットの使用など、収益に結びつく形式で良いかと思います。(倍額のプランで倍の上限数を設ける、等です。)

パトロンと上限数の紐づけが実装された際、ゆくゆくは上限数の拡張も検討するとブログで記載されていたように記憶しています。

「栄誉のパトロン」に登録していても上限数と睨み合う事が増えてきましたので、改めてご確認・ご検討をお願いできますと幸いです。

questnotes.uservoice.com

とりあえずクライアント・サーバー側双方でキャッシュがより効きやすくなるようにしたいと思ってます。
(ついでに言えばシナリオファイルだけでなく画像・音楽ファイルとかも悩ましいが・・・)

ありがたいことにマスターさん側からもっと費用を負担してもよいという声をいただくこともあるんですが、ファイルサイズ*参加ユーザー数*参加回数 という掛け算で費用がかかるものを、マスター側だけが負担でまかなうというのが割と苦しい面があるので、パトロンユーザーがたくさん参加するクエストは容量も増えるみたいな感じにもできないかとも思っています(未定)

ただ転送量は計測がめんどくさいということもあり、個別のユーザーのクエストごとの転送量は現状計測できていないので、そのあたりも計測できるようにしたいと思っていますが大変そうななので難しい。。。(未定)
その際に、別ユーザーの素材を参照されると計測がややこしくなるので、将来的にはできなくするようにしたほうが良いとも思っています。(過去のものはそのままになりそうですが)

以上!
現実は大変だけど、中指立ててけ!、という気持ちを忘れずに頑張っていきたいと思います!・・・

フォロー&トーク改修とメールや掲示板など

FF14のTTRPGを勢いで買ったけど遊んでくれる友達がいません!(挨拶)
・・・はい、というわけでTRPGをもっと手軽に遊びたいというのが開発のきっかけでもあったので今月もQuestNotesを開発していきます!。。。

[更新]
フォローの改修

前回のブログの記事のフォロー開発周りの内容をもろもろ実装しました。
詳しくは前回記事を参照してください。
blog.questnotes.net

(現状、友好点は何にも使えません・・・)

[雑談]
メールという存在の立ち位置
今回オフライン相手にもトークが送れるようになったのですが、トークが便利になっていくとゲーム内メールの扱いが悩ましくなっていきます。
トークでゲーム内アイテムもやりとりできてしまったほうが便利で、メールはもうゲーム内お知らせなどの運営連絡手段にしてしまおうかという考えもありました。

現代社会でも電子メールの出現とともに手紙の郵便が減り、LineやSlackとともに電子メールの利用数も減っていってると感じます。

ただ、そんな現代社会でも手紙という文化は残っていて、どういうときに使われるかを思い浮かべた時はフォーマルな場合、あるいは、ただの文字以上の思いを伝えたいときなのかなと思っているので、QuestNotesでもメールはメールでのコミュニケーションができるようになればとも思っています。(昨今ってラブレターとかって存在してるんですか・・・?

日常的なコミュニケーションにおいては利便性の高いツールで事足りてしまうので、手紙は手紙でしか伝えられないことを伝えられるようにできればと思っています。

1・便箋や封蝋の選択
2・フォントの設定
3・手書きサインを文末に付与

ができたらいいなと思っています。
呼んでくれる相手を想像して文面を綴り、受け取った時に思い出となるようなものが手紙になればいいなと思っています!

余談になるのですが、手紙と言えばヴァイオレットエヴァーガーデンというアニメがすごい良かったです。そのエピソードのひとつとして印象深かったのが、物理の手紙の特徴として、書き手と読み手の時間差が表れる話が好きでした。なので、予約送信みたいな機能もあったらいいなと思っています。
(あと送信履歴は必要ですよね・・・)
(予定は未定です)

[予定]
掲示板について
コミュニケーションツールと言えば、ウェブの掲示板(フォーラム)も課題としてずっと残ってており、こちらを直近どうにかできればと思っています!
掲示板は内製ではないので、色々と機能を追加や改修・アプリとの連携がむずかしく、またそもそもとしてだいぶ古いつくりになっていてスマホ表示などにも対応していません。。。

(↓とかを実装したいとずっと思ってました・・・)

planned
新しい提案
  • 投票数:0
  • コメント数 0

不具合の対応について

それぞれの不具合報告について、「検討中」などのステータス表示を設けることを提案します。

今のところ動作が不安定なクエストは諦めて仕様変更をすべきなのか、それとも修正を待っていいのかマスター側が判断する材料がありません。
"1~2ヶ月以内に対応出来そうなもの"ぐらいのざっくりとした基準でいいのでご一考をお願いします。

questnotes.uservoice.com

ウェブサイトも少しずつ改装していっているので、フォーラムも内製化してウェブサイトと統合しようかと思っています!
(ただ、掲示板のログの移行は大変そうなのでしない予定です。。。)

以上、引き続きよろしくお願いいたします!

クエスト参加人数範囲化とフォロー周りの予定

2024年も三分の一が終わった!?!?!
・・・というわけで更新内容と予定の共有です!

[更新]
クエスト情報

参加人数を範囲に変更とNPC不可を追加しました。

提案ありがとうございます!

planned
新しい提案
  • 投票数:8
  • コメント数 1

推奨人数の設定できる幅を広げてほしい

今回に提案は「推奨人数を2~3人、3~4人」といった幅の広い設定ができるようにしてほしいというものです。

現在マスターが設定できる推奨人数の欄は
[1人][2人][3人][4人][無設定]の五つです。
しかしクエストが増えに増えた現状
『3人でも4人でも遊べるクエストなのに、3人推奨に設定したから3人パーティにしか遊ばれない・・・』
という状態になりやすいです。
特に古いクエストだと新着クエストの欄にも出ず、検索でしか発掘できないので、
推奨人数を無設定などにすると埋もれてしまい、結果的に遊ばれる機会が損失されてしまいます。

故に3人推奨&4人推奨どっちで検索しても出る、新しい推奨人...

questnotes.uservoice.com

ただ表示側が空間がないので文字を削ったりしてますが、ちょっと後日改めて表示を整理するかもです。。。(NPC不可などもこのあたりに表示したい・・・)

(そういえば、マルチプレイ中にNPC追加してクエスト参加もそのうちできるようにしたいと考えています。。

[更新]
タッチ版での素材一覧
素材一覧を表示できるようにしました。(マスターでのログインはまだできないので、コンフィグ>ユーザー>素材 から開けます)

・・・一覧の表示ができるだけで、内容確認も追加、削除もできません!そのうち対応します。

タッチデバイスだと階層構造の要素はツリー形式で表示するよりもリスト表示を繰り返えすUIのほうが多そうなのですが、どのみちイベント編集などはどうしてもツリー表示がしたくなるでタッチ版でツリー表示をできるようにしました。(サイズ感やアイコン表示などは調整していきます!・・)

[予定]
フォロー・フォロワー周りの機能開発予定
フォロー関係の機能の改修を予定しています!
「公開情報」みたいな記載は他のユーザーからも参照できる情報かどうかの共有になります。

・フォロー・フォロワー一覧(公開情報)
フォロー、フォロワーをウェブサイト上から確認できるようにしようと思っています。
フォローをたどっていろんなキャラクターを見つけてもらえるようになればと思います。
(現在もAPIをたたけばだれでも確認できるので非公開情報の扱いにはなってはいないのですが、「非公開情報だと思ってた!」という人がいるかもしれないので念のため改めて共有です!)

・フォローメモ(非公開情報)
フォローしているキャラクターについてのメモ書き残せるようにしようかと思いました。
どんなやりとりしたかや関係性を記録しておいて、後日またやりとりするときに役立ててもらえればと思ってます。(最大1000文字)

・友好点(マスターは自身のキャラクターと参加キャラクターからの友好点のみを参照可の情報)
フォローしているキャラクターをNPCとして一緒にクエスト参加で自身からのみに2点、マルチプレイでクエスト参加で双方に5点の友好点を付与します。最大100点。
キャラクタークエストで利用可能。

・相互フォロー時のオフラインでもトーク送信(非公開情報)
相互フォローの場合は、相手がログアウト中でもトークを送信できるようにしようと思います。自身に届いた未確認のトーク数などをフォローごとに確認できるようにできればと思います。
(タッチデバイスなどではプッシュ通知を送りたい)
(ついでに、送ったメッセージの既読になったかを確認する手段をつけるのもありな気もするのですがそっちは一旦つけません・・・)

以上、よろしくお願いします!

ウェブサイト改善とユニコーンオーバーロードを遊んでみて

ウェブサイト改善

お知らせ

ブログ記事を開発からのお知らせとして表示するようにしました。

ラベルは現在「開発」しかありませんが、ゆくゆく「イベント」とか「グッズ」とかの告知も作りたい。。(あと「メンテナンス」とかあってもよいかも)

アカウント

ウェブサイトでユーザー情報を確認・削除できるようにしました。

この作業をした経緯としては、GooglePlayの要件にアプリ内で登録したデータはウェブサイトからも削除できるようにする必要があるようになったとのことでした。。

support.google.com

ユーザーデータ削除はネガティブな操作のため、あんまり強い導線をだしてもしょうがないため、まずはアカウントページをつくってその中から削除の導線を置くようにしました。。。




ユニコーンオーバーロードを遊んで

そういえば最近ユニコーンオーバーロードを遊んでました。イラスト見てるだけでも楽しかったです(おすすめ)。

unicorn-overlord.com


遊んでいてチュートリアル表示を読み飛ばしてしまって再表示したいなということがあってヘルプに助けられたので、QuestNotesでもヘルプにチュートリアル表示をまとめて一覧できるようにしておきました。

本当はQuestNotesもスクリーンショット(あるいは動画)を各チュートリアルごとに用意できると親切な気もしますが、割と見た目が変わっちゃうことがままあるので、そのあたりはおいおい・・・。 (現状わりと投げやりな文章が多いので内容も精査していきたい。。。)


そういえばユニコーンオーバーロードに自動戦闘におけるスキルの対象などを設定する「作戦」がありました。 新しいスキルを覚えたら、自動で作戦に追加してくれるのは便利なのでQuestNotesにもあってもよいのかもなーと思いました(未定)


以下ネタバレあり感想

それではまた!

更新履歴 0.15.2.*

http://www.questnotes.net/Content/history.aspx

タッチ版の作戦編集

FF7リバースやりたいけどPS5がない(挨拶)

というわけで2月の更新です!!うるう年なので一日多い!!

タッチ版の作戦編集を追加


NPCとして参加したときなどのアクティブシーンの宣言を設定できるようにするための「作戦」というキャラクターの設定項目があるんですが、タッチ版で編集UIを用意できてなかったのでこのたびおおよそのトリガー・ターゲットの編集画面を用意しました!(キャラクターパネルの「特性」タブから設定できます)

スマホだと通常のゲームプレイでも小ささを感じるのですが、こういう編集画面になるとなおさら狭く感じます。。。
トリガーやターゲットの編集はシナリオ編集のための第一歩でもあるのですが、マスターの機能をスマホ画面・操作にちゃんと落とし込めるのかまだ先が見えてませんが、ちまちまとタッチ版での編集機能を実装していければと思っています。

個人的にもスマホで短文入力以上の作業をあまりしたことがないので、情報量の多い編集作業にどういうUIが合っているのかわかってないので、色々よそ様のアプリを触ってみて学んでみるところから始めようと思ってます・・・!

UI/UXに知見のある人がいたらご一報ください!

作戦設定

そもそも作戦自体が難しいのも課題だと思っており、もうちょっと作戦動作の確認しやすくしたり、「がんがん行こうぜ」みたいな選択したら攻撃的な作戦が設定されるような入力補助みたいなのがほしいなとも思っています。

あとは、作戦のインポートエクスポートでの共有(タッチ版未実装)もしやすくするために、作戦ファイルの共有場を用意したいなーとも思っていますが、予定は未定です。。。

メモリ見直しとキャラクタークエスト案

2024年もはやくも1カ月がたちました!・・・

今月はメモリ枯渇でサーバーダウンが起きてしまったので、サーバーのメモリ見直しまわりの作業が学びが多かったのでそのあたりの話を書こうかとも思ったのですが、年明け初回のブログ記事としては地味なテーマになりそうなので、別の話題として今年の施策をテーマにしようと思いました!

といっても、まずは今年の作業の方向性としては、去年の宿題は残っているので引き続き行っていこうと思っています。
・・・
それだけではなんなので、他の施策として実装しようかと検討している機能の一つを書いておこうかと思います!

キャラクタークエスト

現在「キャラクタークエスト」というのを考えています。(実装の優先度は未定です)

通常のクエストよりも機能をしぼったクエスト制作機能でクエストを作成でき、自分のキャラクターに設定できるようにします。(戦闘やボード表示なしの読み物中心なシンプルなクエストを想定しています)
別のユーザーのキャラクターがキャラクタークエストが設定されているキャラクターをフォローやパーティーを組んで何度か通常のクエストなどに参加することで、そのキャラクタークエストが閲覧できるような仕組みを考えています。
(グラブルのフェイトエピソードみたく、自身のキャラクターとフォローしたキャラクターとの掛け合いが見れる感じに活用してもらえればと思っています)


この施策の背景と目的は以下になります!

非同期のキャラクターの深堀や関わりあい

QuestNotes上には魅力的なキャラクターがたくさん存在していると思うのですが、それらのキャラクターたちをもっと知りたいと思ってもリアルタイムにチャットして関わることは双方なかなかハードルが高いと思っています。
そこでキャラクターの掘り下げをできる場としてキャラクタークエストが活用できればと思っています。

クエスト作成の段階的対応

タッチ版でクエスト制作機能を用意したいと思っているのですが、いきなり通常版と同等の機能をまるまる実装するには工数のボリュームが大きいので、まずは絞った範囲でクエスト制作ができる機能としてキャラクタークエスト制作という中間地点的なマイルストーンを用意できればと思いました。

また、通常版ユーザーとしても、普通のクエスト制作はいきなり始めるには大変なのでキャラクタークエストが「クエストづくりの入門」として役割が持てればと思っています。(変数操作や戦闘まわりの設定、マルチ考慮、が大変なのでまずはそこを省いて物語つくりを体験できるようになればと思っています)

以上、遅くなりましたが本年もよろしくお願いいたします。
やりたいこと&やならなければいけないことが、消化するスピードよりも多いので加速していきたい。。。

Steam版のパトロン登録決済不具合について

Steam経由でのパトロン登録開始した翌月に、二重請求が発生する場合があることを確認しました。
暫定修正を行いましたが、お手数ですが既にSteam購入履歴から重複した請求が発生していた場合には確認次第、返金できればと思っているのでsupport@questnotes.netまで、QuestNotesのIDとSteamのID、請求発生日時をご連絡ください。。。

ご不便おかけし申し訳ございません。
大変恐縮ですが、今後ともよろしくお願いいたします。。

SteamIDの確認方法

Steamの右上からアカウント詳細を開き、表示されるSteamIDの部分になります。